放課後等デイサービス
ディードジュニア札幌

deed junior SAPPORO

放課後等デイサービス ディードジュニア札幌

conceptコンセプト

未来につながる、成長体験を。未来につながる、成長体験を。

「deed junior(ディードジュニア)」は、特性を生かしたい、不登校などの15〜18歳前後の方に向けて、
就職や進路の実現準備をサポートする放課後等デイサービスです。

一人ひとりの個性や希望に沿って、将来の方向性と、そのために必要なことを一緒に見つけ、
自分自身で考えながらチャレンジを積み重ねていきます。

「はたらく」「くらす」「つくる」ために必要な力を伸ばすさまざまなプログラムや機会を用意。
加えて、グループ店舗でのリアルな就業体験ができます。

スタッフや仲間、学校や社会とつながりながら、成長し合い、自立をめざせる環境がここにあります。

deed juniorならではの、
5つのポイントをご紹介します。

  • 1

    教育現場などでの豊富な社会経験を
    生かし、悩みや特性に寄り添うスタッフ

  • 2

    「はたらく」「くらす」「つくる」
    3つの力を伸ばすプログラム

  • 3

    グループ店舗(就労継続支援A型)での
    リアルな就業体験

  • 4

    自分自身でプログラムや就業体験の
    計画を作成

  • 5

    感性やコミュニケーション力を
    伸ばせるようにサポート

programプログラム

未来につながる3つの力

3つの力を伸ばすさまざまなプログラムの中から、一人ひとりの特性や将来の目標に合わせて選択。
好きなことや適性、はたらく意味などを探しながら段階的に取り組み、「生きる力」へとつなげていきます。

はたらく くらす つくる はたらく くらす つくる
  • WORK WORK「はたらく」
  • LIFE LIFE「くらす」
  • CREATE CREATE「つくる」

「はたらく」ために必要な力を身につけるプログラム「はたらく」ために必要な力を身につけるプログラム

実践的なプログラムを通して、将来はたらく時にも役立つ、さまざまなスキルや経験を体験していきます。
プログラムは自分自身で選択し、段階的に取り組むことができるように一緒に考えていきます。(下記は例です)

パソコンプログラム
テキスト作成などの基本操作から、「こんなことをしてみたい!」を限りなく応援します。
自己分析
自己分析シートを作成する中で、ありのままの自分を知り、どんな将来を歩んでいきたいのかを一緒に考えます。
グループ店舗での就業体験
グループ店舗(就労継続支援A型)にて、接客応対、金銭授受、在庫管理など、接客・販売業に役立つスキルを学びます。
自分を語る
自分のことを自分の言葉で自由に語るプログラム。対話や会話を通し自分を語ることは、自分を知る第一歩です。

「くらす」ために必要な力を身につけるプログラム「くらす」ために必要な力を身につけるプログラム

生活の中で役立つスキルを学ぶことで、自分の生活を整えることができ、自立した行動へと結びつきます。
また、生活援助に関連した仕事に就く場合にも役立つことでしょう。
プログラムは自分自身で選択し、段階的に取り組むことができるように一緒に考えていきます。(下記は例です)

調理
安心・安全な調理の手順を学びます。一人でも簡単につくれるような、実生活ですぐ活用できるレシピを用意しています。
清掃
当グループの清掃部門スタッフ指導のもと、清掃の意味や効率的な手順などを学びます。
買い物実習
予算や購入リストなどを考え、実際に買い物に行きます。計画リストに基づいて商品を選びながら、自分を律することや社会的なマナーを学びます。

「つくる」ために必要な力を身につけるプログラム「つくる」ために必要な力を身につけるプログラム

ものづくりには工程があり、その一つひとつを丁寧にこなすことが、完成に影響を与えることを学びます。
また各工程をじっくりと楽しむこともぜひ体験してください。楽しむ心は、将来ものづくりの仕事をする際の礎となることでしょう。
プログラムは自分自身で選択し、段階的に取り組むことができるように一緒に考えていきます。(下記は例です)

クラフト・お菓子づくり
実際に何かをつくる中で、一つひとつの工程を楽しみ、計画性やものを構築する力を学びます。その経験を通して、将来の就業のきっかけにもなることを目的としています。
共同での物語づくり
みんなのリレー形式で、一つの物語をつくる作業です。隣の人の外側からは見えない内面に気づき、自分以外の他者を知り、「自分とは違うけれど、この人にとってはこれが大事なんだ」と気づく。その「気づき」によって、思いやりの心を育みます。
音・文・絵などによる表現活動
芸術活動を通じて、言葉では表現しきれない感情をあるがままに表現します。その中で、感受性を豊かに育み、目に見えないものを創造する力を養います。

HOW TOご利用について

1日の基本的な流れ

16:0016:00

来所&スケジュール立案

今日の活動内容を各自で計画していただきます。
予定が変更になっても構いません。見通しを持った活動の習慣づけを目指しています。

16:1016:00

じぶんの時間

「はたらく」「くらす」「つくる」のプログラムの中から、ご希望に沿った活動を選択。
こちらで準備したプログラム以外の活動も積極的にサポートします。
一人で学習に取り組む「まなぶ」を選択し、学校での学習の補習をすることも可能です。

17:0016:00

休憩&換気タイム

リフレッシュを兼ねて室内の換気をおこないます。
各自使用した備品のアルコール除菌も実施します。

17:1016:00

みんなの時間

みんなで協力して活動することができる時間です。
一人ではできない活動を行ってよいですし、じぶんの時間の活動を継続しても大丈夫です。
主体的に発信できる力も身に着ける機会にして欲しいです。

18:0016:00

休憩&換気タイム

リフレッシュを兼ねて室内の換気をおこないます。
各自使用した備品のアルコール除菌も実施します。
ここで退所される方もいらっしゃいます。

18:1016:00

じぶんの時間

新たな活動に取り組むのも、教科を変えて補習も可能です。

※退所時には振り返りカードに活動内容を記入してもらいます。

FLOWご利用までの流れ

  • STEP.1

    お問い合わせ

    まずは電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。

    ※お問い合せはこちらから 011-790-7276 011-790-7276 info@d-junior.com info@d-junior.com

  • STEP.2

    見学(プログラム体験実施)

    deed juniorに関する説明をお聞きいただいて、
    実際にご利用の際のプログラムを選択し、体験していただきます。
  • STEP.3

    面 談

    見学実施後に担当のスタッフと面談を行います。
    ご利用にあたっての思いやご希望のプログラムなどについて伺います。
  • STEP.4

    重要事項の説明と契約

    書類、料金などの説明を行い、ご利用契約を結びます。その際に、利用者様ご本人が安心して通所いただけるように、保護者の方からお話を伺います。また、通う頻度やプログラム内容などについて相談いたします。

    必要なもの : 印鑑、通所支援受給者証 ※通所支援受給者証をお持ちでない方はご相談ください。

  • STEP.5

    ご利用開始

    さまざまなプログラムに沿って、ご利用を開始していただきます。
    プログラムは状況に応じて随時変更できます。

FAQよくあるご質問

  • Q1

    受給者証を持っていないのですが、利用できますか?

    A1
    通所支援受給者証が必要となります。利用者様ご本人がお住まいの市区町村の障害福祉課(または児童福祉課)にお問い合わせのうえ取得申請をしていただき、受給者証が発行されればご利用いただけます。
    なお、受給者証をすでにお持ちの方は、他の放課後等デイサービスと掛け持ちでのご利用も可能です。
  • Q2

    利用開始時期は決まっていますか?

    A2

    いつでも受付しております。お気軽にメールやお電話でお問い合わせください。

    ※お問い合せはこちらから

  • Q3

    利用費用について教えてください。

    A3

    ご利用料金の他に、プログラムによっては実習費や教材費が別途必要となります。
    放課後等デイサービスのご利用者様に対するサービス料金は、自治体負担が 9 割、ご利用者様のご負担は 1 割となっております。保護者様の収入に応じてご利用料金は異なります。札幌市の場合、生活保護受給世帯・市民税非課税世帯は負担金 0 円、課税世帯は月額 4,600 円まで(年収 900 万円以上の世帯は月額 37,200 円まで)です。ご利用回数が多く、上限額を超えた場合は、自治体がその分を負担するしくみとなっております。ご利用料金については各自治体にお問合せ下さい。

  • Q4

    色々なプログラムがありますが、ついていけるか心配です。

    A4
    一人ひとりの状態を見ながら、プログラムに取り組んでいけるようスタッフもサポートを行います。まずは見学・体験にお越しいただき、実際の様子をご覧のうえで、スタッフにご相談ください。
  • Q5

    実際にどのような取り組みを行なっているのですか?

    A5
    Webサイトでご紹介しているプログラムは一部の例です。利用者様ご本人、保護者の方、スタッフで相談しながら、一人ひとりに合ったプログラムを組んでいきます。詳しくは見学・体験の際にスタッフにご相談ください。
  • Q6

    就職に役立つのでしょうか?

    A6
    あくまで「就職への準備をサポートする」という形なので、ご家庭や学校での取り組みのフォローが基本となります。ただし、利用者様ご本人のやる気が学校等での取り組み以上の場合、最大限にサポートします。
    また、現在準備しているプログラムが利用者様ご本人にとって不足している場合は、「こんなことをしてみたい!」という気持ちを大事に、できるかぎり対応します。
  • Q7

    不登校なのですが、利用できますか?

    A7

    不登校の方もご利用可能です。ご利用の際には通所支援受給者証が必要となります。お気軽にメールやお電話でお問い合わせください。

    ※お問い合せはこちらから

  • Q8

    利用の際に、送迎はありますか?

    A8
    deed junior は、利用者様ご本人の将来的な「自立」を目指しているため、基本的に送迎は行わない方 針です。お一人での行き帰りも「自立」のための取り組みの一環として考えております。 しかし、なじみのない場所に通うことは、保護者様をはじめご本人様も不安だと思います。 そのため、ご本人様が慣れるまでは公共交通機関にて学校や最寄り駅、ご自宅までの通所をサポートするプロ グラムがございます。通所を通して自立を促す、段階的なご支援をさせていただきます。 詳細はご相談下さい。
  • Q9

    空腹になった際の、軽食や飲み物はありますか?

    A9
    必要であれば、ご利用される方にそれぞれ準備していただいています。ご持参していただく以外に、事前にお預かりすることも可能です。
  • Q10

    事業所内の自己評価は公表されていますか?

    A10
    当事業所では保護者の方のご協力もいただき、自己評価を前期と後期の2回実施しております。
    最新の評価結果はこちらからご確認いただけます。
    ◇事業所における自己評価結果
    ◇保護者等からの事業所評価の集計結果
    よりよいサービスをご提供できるように取り組みます。

上記以外のご質問がある際は、お気軽にお電話
もしくはメールにてお問い合わせください。

ABOUT開所時間・料金・アクセス

開所時間

月・火・水・金

13:00~19:00

土曜日

10:00~16:00

・ 木曜日と日・祝は休業日となります。

ただし、変更になる可能性があります。

・ 1日の最大定員は10名です。
ご希望日にご利用いただけないこともございますのでご了承ください。

ご利用料金について

  • 児童福祉法に基づく障害児通所給付費の10%になります。
  • 面談などで個別に確認させていただき、
    料金を決めさせていただきます。
  • 生活保護受給世帯・市民税非課税世帯は負担金0円、
    課税世帯は月額4,600円まで(年収900万円以上の世帯は月額37,200円まで)です。
  • 実習費や教材費は適時徴収させていただきます。

〒065-0023
札幌市東区北23条東16丁目1-19
TEL : 011-790-7276 /
FAX : 011-788-7575
最寄り駅 : 地下鉄 東豊線 元町駅
3番出口から徒歩1分